UA-127741596-1
 

受験にうどん

いろいろなアンケート結果を調べていると、うどん、そば、ラーメンはじめ、麺類は日本人に本当に愛されている食べ物なんだなぁと、実感させられます。

そんな中で、今回はオリコンのグルメのページから。
このページもグルメに関する、いろんなアンケートを実施していて面白いです。

たまたま調べてみたら、一番最近の調査が「風邪を引いたときに食べたいものは?」というアンケートをしたもの。

そして・・・
1位はうどん!
2位がおかゆ
以下、アイスクリーム、りんご、スープ、バナナ、プリン、生姜湯、メロン、
そして、10位に、また麺類登場で、にゅう麺。

うどんは「胃に優しくてもたれないし、ノドが痛くても食べられる」、「消化がよく体が温まる」、「麺の買い置きがあればすぐに作れるし、ネギや白菜を一緒に入れると簡単に栄養も採ることができる。それに体も温まる」などの理由で1位に選ばれています。

そして、ねぎの白い部分はネギオールという成分を含み、風邪のウィルスに対する殺菌作用があるので、風邪の初期段階にはねぎを使った料理がおすすめだということなので、ネギうどんがお勧めのようです。

確かにうどんは、麺類の中でも体の温度を保ち、消化もよいといわれていますし、消化がよいということは、胃に血液が集中することなく、血液に含まれる白血球が、体のあちこちで風邪のウィルスと戦ってくれるということです。うどんが風邪をひいた時に、食べたくなるのにはちゃんとした理由があります。

うどんは、消化吸収のスピードが速く、即、エネルギーになり、うどんの主成分である炭水化物は、体内でブドウ糖→グリコーゲンと変化し、脳のエネルギー源にもなるので、受験勉強の夜食としても効果があると思います。

そこで・・・受験シーズン真っ盛り!
気になるみんなの受験グルメとは!?というアンケート結果もあり、10位にたぬきうどん(他を抜く)が入っています。

縁担ぎにも、科学的理由づけもあるうどんは、受験勉強の夜食として最強の食べ物かもしれません!

そこで、まとめです。
受験の迫った皆様の夜食には、風邪予防、即効性のあるエネルギー源、縁担ぎに「ネギ入りたぬきうどん」がお勧めです!

でも・・・そば、うどんの雑学でも述べたように、「たぬきうどん」は各地で違ったメニューになり、「ネギ、揚げ玉入りうどん」、「ネギ、油揚げ入りうどん」、「ネギ入りあんかけうどん」を皆様の地域に合わせてということになるでしょうか。

 
UA-127741596-1