UA-127741596-1

​【業務用 生麺】

こだわりの設備と手間隙かけた製法で、プロの皆様にもご納得して頂ける麺づくりを心がけています。

1.“水へのこだわり”

麺づくりにおいて、最も基本となる水は、セラミック活水機、磁場を通過させたクラスターの小さい活性水です。麦飯石(ミネラルをたっぷり含んだ天然石)の中を循環させて作ったミネラル水で捏ねられた麺は、通常の水道水に比べ、早く茹で上がる、茹で溶けしにくいなどの特徴を有した麺になります。

2.“圧延、熟成へのこだわり”

効率的な生産ラインを組むだけでは、本当においしい麺づくりは出来ないと考えております。一定時間を経過させ熟成させた後、圧延することで、コシがあり、味わいのある切れにくい麺に仕上げています。

3.“品質均一化へのこだわり”

捏ね水の温度管理はもちろん、恒温高湿冷風乾燥庫により、温度、湿度、風量、乾燥時間を管理していますので、気象による品質のバラツキを無くしています。

4.“OEM製造”

ご要望に合わせたオリジナルな麺の製造も行っております。

生麺の主な取り扱い製品

生麺の賞味期限は2週間(冷蔵保存)です。また、冷凍庫で保管するという方法もあります。

生麺の場合は、時間の経過と共に熟成が進みますので、最適な状態の時に冷凍保管すれば、それ以上、熟成も進まず、品質が保てます。

切り歯について:切り歯とは30mmの幅を何本の麺線に切るかをいいます。

例えば、20番なら30÷20=1.5mmの麺線ということになります。

また、「丸」と「角」は、麺線の断面が円形のものを「丸」、四角形のものを「角」といいます。

※上記記載以外の製品もございますが、主なもののみ記載しております。詳しくは、弊社まで、お問い合わせください。

業務用製品規格一覧

​生麺の製品見本画像&説明

​◆生麺の調理方法のポイントと注意点

〔ポイント〕

①お湯は必ず、よく沸騰している状態で麺を入れてください。

②その際、麺がくっ付かないように、ほぐして入れてください。その後、少しかき混ぜます。

③冷しの場合は、麺が茹で上がったら、必ず、冷水でよく冷してください。

 

〔注意点〕

生麺は、ある程度の数量を茹でると、お湯が濁ってきますので、適度に茹で湯の交換が必要になります。

特に中華麺では、かん水を使用しておりますので、その影響で、茶色く濁ります。他の種類の麺以上に、頻繁な茹で湯の交換が必要です。

茹で湯の交換が難しい場合や、茹で時間の短縮を図りたい場合は、冷凍麺の使用を検討されてはいかがかと思います。

だだし、茹で時間数十秒程度の細めん(ラーメンで、いわゆる細めんと言われるようなもの)は、冷凍麺には適しません。

​◆生麺の製造工程

  • Facebookの社会的なアイコン
なか川ロゴ.jpg

有限会社なか川 〒739-0622 広島県大竹市晴海2-10-7

TEL : 0827-57-7257  FAX : 0827-57-7220 Email : net〇nakagawaseimen.co.jp 〇→@

営業時間:8時~17時 定休日:木曜日(12時まで営業)、日曜日

UA-127741596-1