UA-127741596-1
 

鹿児島ラーメン

昭和22年(1947)、道岡ツナさんは中国人から作り方を教わりラーメン店「のぼる屋」を開業します。これが鹿児島での最初のラーメン店です。

昭和23年(1948)、台湾出身の橋口さんがが開業した「こむらさき」は、無かんすい麺の為ラーメンの概念からは少し外れますが、その無かんすい麺で人気を博します。

鹿児島ラーメンの特徴を言い表すのは難しく、麺は細いものもあれば太いものもあり、かんすいを使わない店も多い。スープは豚骨ですが、椎茸や海産物も加えており、それほど白濁していません。

 
UA-127741596-1