UA-127741596-1
 

カップヌードル

チキンラーメンの話の続きです。
更に即席ラーメンの勢いは続き、昭和46年(1971)カップヌードルが発売されました。カップヌードルは、容器にお湯を注ぐだけで食べられるという、チキンラーメンが更に進化したものでした。

カップヌードルを思いついた発端は、安藤さんがアメリカに行った時、チキンラーメンを食べてもらおうと思ったところ、「紙コップに入れてお湯を注ぎ、フォークで食べ始めた」という文化の違いを見た時だそうです。また、カップヌードルが発売された翌年には、浅間山荘事件があり、機動隊がカップヌードルを食べているところがテレビ放映され、その直後から、爆発的に売れ出したということです。

更に昭和48年(1973)には、アメリカでも発売され、世界に広がっていきます。
こうして、日本生まれのラーメンは、チキンラーメンがカップラーメンへと進化し、世界中で愛されるようになっていきました。

 
UA-127741596-1