UA-127741596-1
 

茹で麺 製造工程

cimg0043.jpg

生麺、半生麺では「茹で」の工程はありませんが、茹で麺では麺を茹でた後、出荷します。釜が6個ついた6連式茹で釜機で、茹で時間をタイマーで設定し、うどん、そば、中華麺などの麺の種類、太さの違いによって茹で時間を変えて製造しています。

冷却写真.jpg

​冷却。茹で上がった麺は、すぐ冷水に入ります。茹で上がり後、すぐ冷却する事で、麺の茹でノビを防ぎます。

茹うどん.JPG

自動玉取り機で、1食ずつ計量され、袋詰めした後、出荷します。写真にある茹でうどんの他、茹でそばなどがあります。また、ここでは紹介していませんが、茹で麺とは別に、蒸してつくられる「蒸し焼きそば」もあります。

 
UA-127741596-1