UA-127741596-1
 

生麺 製造工程

真空ミキサー.jpg

水和。ミキサーでこねた後の状態です。ここで、小麦粉の細部に渡って水が均一に行き渡るように水和させます。おいしい麺をつくるには、設備も重要ですが、ゆっくり手間と時間をかけて作ることが重要です。

麺帯.jpg

​複合。ミキサーで捏ねた後のものを帯状の麺生地にします。

寝かせ熟成.jpg

寝かせ熟成。巻き取った麺生地を乾かないようにビニールに包み、置いておきます。こうすることで、麺生地が熟成し、麺の旨味が引き出された弾力に富んだ滑らかな麺生地になります。

麺帯.jpg

圧延。三連式複合機で麺生地を徐々に薄くしていきます。なか川では、この工程を2度行い、より表面が滑らかで、コシの強い麺生地に仕上げています。

生麺.jpg

​生麺の種類ごとに切り刃を設定し、麺線として出てきた麺を丸め取ります。半生麺と同じように一昼夜かけてじっくり熟成冷風乾燥させます。半生麺より軽く乾かします。

18%E7%95%AA_edited.jpg

​生麺を袋詰めした後、出荷します。写真の生中華麺は各ラーメン屋さんで使われています。その他うどん・そば等の製造も行っております。

 
UA-127741596-1