UA-127741596-1
 

​業務用 冷凍麺

打ちたて茹でたての味わいが解凍するだけですぐ食べられる。それが冷凍麺です。

1.“真空ミキサーへのこだわり”

麺づくりにおいて最も基本となる原材料の混合は、

高密度で均一な水和を実現できる真空ミキサーを使用しています。

通常のミキサーで捏ねられた麺に比べ、

コシと粘りのある、茹で解けしにくい麺生地が出来上がります。

2.“手打ち式冷凍うどんについて”

効率的な生産ラインを組むだけでは、

本当においしい麺づくりは出来ないと考えております。

「手打ち式冷凍めん」は、こだわりの設備と手間隙かけた製法で、

一定の温度と湿度を管理しながら一昼夜熟成させた、多加水熟成麺です。

3.“冷凍煮込みラーメンについて”

煮込んでものびにくいように、

生地の圧延を繰り返し、コシの強い麺をつくると共に、

麺の風味はもちろん、出汁と一緒に煮込んでいただくことで、

出汁そのものの旨みも一層増すことが期待できます。

4.“OEM製造について”

ご要望に合わせたオリジナル麺、

地域特産の食材を使用した麺などの製造も行っております。

-冷凍麺の主な取り扱い製品-

冷凍麺の賞味期限は6ヶ月(冷凍保存)です。

【注意点】:

扉の開閉が多く冷凍庫内の温度変化が多い場合や、

冷凍庫が一杯で冷気がよく回らない場合は、

冷凍焼けの原因になり、麺の表面が白っぽくなります。

​-冷凍麺の製品見本-

​-冷凍麺の調理方法のポイントと注意点-

〔ポイント〕

①麺を解凍する際、お湯はよく沸騰している方が望ましいですが、

生麺や半生麺ほど神経質になる必要はありません。

②麺がある程度解凍したら、軽くかき混ぜてほぐしてください。

③冷やしの場合は、麺が湯がき上がったら、必ず冷水でよく冷してください。

〔注意点〕

①冷凍麺は一度に大量に湯がくと、

お湯の温度が急激に下がりますので、

適度に湯温を確かめてください。

②うどんなど、ある程度太めの麺は麺がほぐれた後、

1分程度は煮込んだ方がおいしいと思います。

※生麺や半生麺では、必ずよく沸騰したお湯で湯がくことや、

茹で時間など麺の湯がき方によって茹で上がりの麺のおいしさに

差が出やすいですが、冷凍麺の場合は失敗が少ないことも特徴のひとつです。

だだし、茹で時間数十秒程度の細麺は冷凍麺に適しません。

また、茹でにごりが少ないので、あまり茹で湯を換える必要もありません。

​-冷凍麺の製造工程-

 
UA-127741596-1