UA-127741596-1

​長崎チャンポン

 ラーメンではありませんが、九州の豚骨ラーメンに大きな影響を与えたのが「長崎チャンポン」です。チャンポンは明治の中頃、中国人の陳平順さんが考案しました。明治32年(1899)「四海楼」を開業し、あっさり味の五目湯麺をアレンジしたボリュームと栄養があって安い麺料理を出していました。具材には、ラードで炒めた豚肉、エビ、モヤシ、タマネギ、椎茸、かまぼこなどを使い、これが評判となり「チャンポン」と呼ばれるようになりました。語源は、福建語の「吃飯(チーバン)」(ご飯を食べる)説が有力です。平成12年(2000)には、店舗を建て直し、店内に「ちゃんぽん博物館」を開設しています。

 チャンポンが九州豚骨ラーメンに与えた影響は、かんすい麺、白濁スープの浸透とラードの調味料としての使い方を広めたことが挙げられます。

 昭和49年(1974)、長崎市内に「長崎チャンポン」のチェーン店「リンガーハット」1号店がオープンし、現在は400店程になっています。

​-長崎チャンポン-

  • Facebookの社会的なアイコン
なか川ロゴ.jpg

有限会社なか川 〒739-0622 広島県大竹市晴海2-10-7

TEL : 0827-57-7257  FAX : 0827-57-7220 Email : net〇nakagawaseimen.co.jp 〇→@

営業時間:8時~17時 定休日:木曜日(12時まで営業)、日曜日

UA-127741596-1