UA-127741596-1

​ご当地ラーメンランキング  (2007.3.7)

アンケート結果の信ぴょう性

 これまで、いろいろなアンケート結果について考察してきましたが、「食と健康」(2007.3月号)という本に、消費者調査のアンケート結果はあてにならないという話が出ていたので紹介します。

 そば,うどんのはなしで麺類の地域ブランド力について考しましたが、こちらのデータも日本流通新聞の消費者アンケートの結果から考察していますので、アンケートの結果というものをどのようにとらえればよいのかということについて、もう一度「食と健康」の記事から考えてみたいと思います。

 ではまず、記事の内容です。

消費者は何も語れない 潜在的強制力を解明する

潜在的強制力・・・文化、生活習慣、時代の気分

 よく考えると当たり前のことですが、消費者の行動は消費者自身も自覚していない無意識下の行動が大半です。あるマーケティングの本に「消費者の行動の95%は潜在意識化の行動である」と書かれています。無意識下で使われる商品の意味を「なぜ?」と質問してもむだです。聞かれると自分を正当化したり、とりあえず答えるのが消費者アンケートです。そんな調査結果をうのみには出来ません。

 それならば、「消費者行動を解明するなんてむだ」というわけでもありません。無意識下ですが、消費者は決して無秩序な行動をとったりはしません。無意識下の行動の裏には、これまでのマーケティング理論では明らかにできなかった、見えない大きな力が働いています。

 無意識下の行動の裏に潜んでいる大きな力を「潜在的強制力」と呼びます。潜在的強制力でわたしが注目するのが、日本文化や生活習慣、時代の気分です。この潜在的強制力の存在を確認し、消費者行動に及ぼす力学を解明することが、潜在市場においては重要です。・・・

 ということのようです。確かにアンケートって適当にでも、何かを答えようとしますよね。どっちでもいいってことも多いですし。しかし、無秩序な行動をとったりはしない・・・無意識下の行動の裏には、見えない大きな力が働いている。そうかもしれません。少し難しい文章でなんとなく納得させられているという気もしないではないですが、これからの考察は、アンケートを鵜呑みにしないで、見えない大きな力にまで迫ってみたいと思います!(難しそうですが、そういう気持ちで)

好きなご当地ラーメンは?

 ということで、前置きが長くなりましたが、らーめんのはなしの本題に入ります。“好きなご当地ラーメンは?”というアンケート結果。麺業新聞(2007.3.2)からです。ラーメンには流行がある。日本で最初にブームとなったのは、「札幌ラーメン」だった。その後、「博多ラーメン」がブームとなり、以降、「喜多方ラーメン」「和歌山ラーメン」「徳島ラーメン」など、全国各地のご当地ラーメンが次々と注目され、ご当地ラーメンブームとなり現在に至っている。

 朝日新聞の2月20日付朝刊で同社のアスパラクラブの会員を対象に行った「好きなご当地ラーメンは?」というアンケート結果を紹介している。このアンケートでは、50歳以上をネクストエージとして、それ以下(49歳以下)に分けて分析を行い、3万1425人が回答したトップ10を紹介している。

結果を表にすると・・・

となっています。

 さて、このアンケート結果について、麺業新聞の記事の続きをみてみましょう。

トップ3には「札幌ラーメン」「博多ラーメン」「喜多方ラーメン」がいずれもランクされており、「日本三大ご当地ラーメン」といえそうです。ただ、49歳以下ではトップが「札幌ラーメン」から「博多ラーメン」に入れ代わっています。これはラーメンを最も食べる青春時代に流行していたご当地ラーメンの影響があるものと思われる。

 トップ10に入っているものを見ても50歳以上で7位と10位に挙げられた「熊本ラーメン」と「高山ラーメン」が49歳以下では姿を消し、代わって9位と10位に「京都ラーメン」と「函館ラーメン」が入っている。これもまた、青春時代にブームだったご当地ラーメンの影響だろう。

 ところで、このトップ10で注目したいのは、「東京ラーメン」と「横浜ラーメン」である。「東京ラーメン」はいずれも4位にランクされ、「横浜ラーメン」も9位と8位にランクされている。しかし、「東京ラーメン」、「横浜ラーメン」のいずれも明確なイメージは湧いてこない。

 他の例えば「札幌ラーメン」なら、味噌味スープで熟成太めん、「博多ラーメン」なら豚骨スープで低加水の細めん、「喜多方ラーメン」なら、魚介系スープに多加水の太めんといった明確なイメージがあるのに対してである。

 「東京ラーメン」も「横浜ラーメン」も、強いていえば「昔ながらの支那そば」ということになるのだろうか。ここは製麺業界も含めて、明確なイメージ作りを行っていく必要があるのではないだろうか。・・・

まとめ

 個人的には、広島ラーメンが入っていないのは残念ですが、麺類の地域ブランド力で喜多方ラーメンがラーメン部門としては1位(長崎ちゃんぽん麺はラーメンではないとして)だったことを考えると、「札幌ラーメン」、「博多ラーメン」、「喜多方ラーメン」はまさに「日本三大ご当地ラーメン」といえそうです。

 しかし、麺類の地域ブランド力のところでも書いた一文、「意外だったのは、それ以降で、ラーメンがひとつも入っていないこと。博多ラーメンや札幌ラーメンより、そんなに長崎ちゃんぽんや喜多方ラーメンはブランド力高いんだーって感じです。」にもあるように、“好きなご当地ラーメンは?”というアンケートと麺類の地域ブランド力のアンケート結果の違いは何なのでしょうか?大手外食チェーン店の影響だけとも思えないのですが・・・

 “好きなご当地ラーメンは?”のアンケート結果により益々わからなくなってきてしまいました。それから、麺業新聞では、「東京ラーメン」、「横浜ラーメン」のいずれも明確なイメージは湧いてこない。といことですが、東京ラーメンについてはラーメンのはなしでその特徴、歴史等、書いていますので、宜しければ参照してみてください。なにしろ「東京ラーメン」は、日本最初のラーメンと言われていますから、そうなると「横浜ラーメン」との違いは何なのか?ということになりますが、「横浜ラーメン」はまだラーメンのはなしで取り上げてないですね。

 ここで簡単に説明しておきます。

横浜ラーメン

 横浜といえば中華街、全国の有名ラーメン店を集めたラーメン博物館などが一般的には有名だと思いますが、それとは別に、横浜駅西口の「吉村家」を元祖とする「家系ラーメン」があります。コテコテの豚骨醤油スープに、加水の少ない平打ちの極太麺(切刃番手=12~14)、トッピングは大ぶりのチャーシュー1枚・ほうれん草・海苔3枚・ネギが定番。

 

 というように違いはあり、家系ラーメンはラーメン通の間ではかなり有名だと思いますが、全国的に、横浜ラーメンはちょっとピンとこないかも知れませんね。

広島ラーメンについて

 最後に、広島ラーメンについてもふれておきたいと思います。広島ラーメンも地元では有名店もあり、歴史的背景もありますが、なんでもありの広島ラーメンという部分もあり、それは、地理的条件で、博多ラーメンと東京ラーメンをある意味あわせたような豚骨醤油スープというものが逆に、明確なイメージ作りという面で多少、弱いのかも知れません。

 しかし、“これはこうなのだ”というこだわりは必要な部分もあるとは思いますが、そのことに縛られすぎると、その後の進歩の足かせになることもあると思います。“ラーメン一筋、頑固一徹職人気質”もまた魅力的ではありますが、いろいろなことを試しながら、形が少しずつ変わることがあってもいいと思うのです。

 イメージ作りも大切かもしれませんが、いろいろな良いものを取り入れた「広島ラーメン」というものを今後も作っていきたいと思いますので、これからも宜しくお願いいたします。

(2007.3.3)

​-ご当地ラーメンランキング -

  • Facebookの社会的なアイコン
なか川ロゴ.jpg

有限会社なか川 〒739-0622 広島県大竹市晴海2-10-7

TEL : 0827-57-7257  FAX : 0827-57-7220 Email : net〇nakagawaseimen.co.jp 〇→@

営業時間:8時~17時 定休日:木曜日(12時まで営業)、日曜日

UA-127741596-1